ヤマハ リフレッシュピアノ~UX編~

こんばんは。
みなさま、いよいよ夏本番になってきそうですね。今日はとても暑くいいお天気でしたが突然激しい夕立がきましたね、そろそろ梅雨明けでしょうか。
暑さに負けないよう私達も頑張ります。

本日は、小阪楽器店 布施本店ピアノ展示会場より、アップライトピアノをご紹介致します。


UXモデル黒色 製造No,2968232

今はなき、ヤマハの大ヒット製品の初期モデルです

特徴は、まず背面の支柱が放射状のX支柱になっています。

b0183293_19455161.jpg


普通一般的には縦に4本、6本と柱があります。
それに対しUX型支柱は、音に対するこだわりから、コストをあげてもより良い音にするために開発されたものです。
通り柱が放射状にある事で響鳴板の発する音が、ピアノ全体の箱によく伝わり、ボディー全体を使って音を伝える仕組みになっています。
その他、音には関係ないことですが、運送の時などに質量が230kgを超えるので箱がねじれにくい構造になっています。
ですから長年の使用に耐えられる健康なピアノだと言われるわけですね(^^)

b0183293_19555466.jpg


古いピアノにありがちな響鳴板のニス溶けもなく(動物油脂が入っている為茶色です、決して古いからではないです!)オススメの1台です。

b0183293_2033199.jpg

アクションの整備も良く、特にハンマーは羊毛の油分を完全に抜いていない天然の軟らかさが残っているものなので少しクリーム色になっていますが(現在のものは漂白しているので真っ白です)
これは汚れているのではありませんのでご心配なく…

b0183293_20374210.jpg


ピアノボディー全体に音が鳴るので、和室・洋室どちらに置かれても満足して頂ける音です。
昭和55年頃は今とは違い、和室が結構多いお家が多かったですものね。

約30年経っているピアノですが、まだまだ長年の使用に耐え得る楽器で、ヤマハ純正のサイレントも取り付け可能です。

b0183293_20421745.jpg


アメリカのピアノメーカーで昔にチッカリングというのがありまして、良い音で有名でしたが、グランドピアノの裏側にこの様なX型の装置がありました。
でもその当時は金属部品で出来ていたので調整が大変な為、長続きしなかったようです。
(ピアニストのグレン・グールドさんも愛用していました)

ボディーを鳴らすために工夫を凝らして創られたアップライトピアノです。
是非、小阪楽器店 布施本店へ試弾にいらしてくださいませ。

b0183293_20554257.jpg


「百聞は一見にしかず」
欲しくなるかも…
お値段は、「本店のブログを見た」と仰って下さい。
鍵盤担当 山野・中井まで
とにかく来店頂き、是非触ってみてくださいね

以上、店長のコーナーでした!

by fuse-honten | 2010-07-16 20:57 | お店情報